広告費が出せない院がするべき集客法【整骨院ビジネスチャンネル】

はい、整骨院ビジネスチャンネルの小樋将太郎です。

今回はですね。

広告費が出せない院の集客方法についてお伝えしていきたいと思います。

広告費出せなかったら集客って正直チラシ作れないとかホームページ作れないホームページあってPPC広告かけれないとかホットペッパーエキテンとか色々あるんですけど。

出せなかったら正直集客って難しいじゃないですか。

だとしたら動くしかないんですよ。どうにか動くしかないんです。

ただですね。私の場合だったら例えばご飯食べに行ってそこの大将を引っ張ってくるとか、例えば飲み屋さんに行ってそこのオーナーさんだったりとかそこで働いてる方を来てもらうだったりとか、治療家ってすごく体を診てどこどこが悪いよとかここここ治した方がいいよってすごいアドバイスできるじゃないですか。

こういうところをやってったほうがこうやって働きやすいよとかっていうかたちでどんどん仲良くなって紹介を増やすってことができる業種だと思ってるんですね。

すごく紹介がもらいやすい業種だと思っています。

ただこれが難しいよっていう場合まず、院内の患者さんから教育して紹介をもらえるようにしていきましょう。

どうするかっていうと例えば月に3人4人5人集客できている。

広告費をかけなくても5人から10人ぐらい集客できている。

紹介が生まれているっていう状態なのであればまずですね。

治療をして計画を立ててどのぐらいで良くなっていくよと、あなたの望んでいることがどのぐらいで出来るようになってくるよっていう計画を立てて、お伝えして治療していくと思うんですけれども。

その帰りの際次の予約を取る際に必ずですね。もう予約がいっぱいなんですっていうことを伝えていきましょう。

予約がいっぱいでもう枠がないので、先に1ヶ月分2ヶ月分の予約枠を先に埋めといてくださいっていう話をします。

予約をどんどんどんどん埋めて1週間に2回だったらその予約を先に埋めます。

もう予約が取れないっていうイメージをですね。しっかり持って頂いてそうしたらですね。

どういうことが起こるかというとあそこの院予約取れないよってなるわけです。

そうすると私も行ってみたい紹介してというかたちで、どんどんどんどん紹介が生まれるようになります。

これ続けていったら2ヶ月3ヶ月でだんだんですね。集客そこまで多くないんですけど、予約の枠が真っ白だったのが真っ黒になってくるんですね。

これ是非やってみてもらいたいんです。単純です。

予約がいっぱいだとそして予約を取ってくれて、先に埋めてくれと予約が取れないイメージを与えます。

そして紹介が増えます。この流れです。

是非ですね。今これをやってないのであればじゃあ次回いついつ来てください。

じゃなくて次回もその次もその次もその次も、計画通りに先生たちって治療で計画を立てていくじゃないですか。

計画を立てていくんだったらその計画通りに予約をもう先に埋めるっていうことなんです。

最初にお伝えしたご飯食べに行ったりとか飲みに行ったりとか誰かと会った時に紹介してもらう。

それはもう絶対やってほしいことなんですけどそれがもし出来ないのであればこういうところでしっかり紹介が増えるような施策っていうのを打ち出していくことが、ベストだと思いますので是非 チャレンジしてもらいたいと思います。

 

治療院仕組み化経営【公式メルマガ】
問診動画&値上げの極意

療院経営者さん向けに集客・リピート・値上げ・スタッフ雇用・マネジメントの情報を毎日配信しています。

あなたの治療院経営を安定させ、ワンランクアップさせる無料メールマガジンです。

今ならメルマガ&LINE@登録で問診の極意【動画】と値上げの極意【PDF】を無料プレゼントいたします。

メルマガ登録はコチラ

LINE登録はコチラ

 

 

 

 

治療院仕組み化経営

 

問診の神髄

 

 

治療院仕組み化経営

LINE@にご登録ください!

LINE@登録して頂ければ、治療院仕組み化経営のセミナーに優先的にご案内を送らせてもらいます。

治療院仕組み化経営

関連記事

リピートに必要な【ねぎらい・共感】とは?

リピートの取れない柔道整復師の口癖【整骨院ビジネスチャンネル】

整骨院が潰れる3つの理由【整骨院ビジネスチャンネル】

究極のチラシ作成法【整骨院ビジネスチャンネル】

整骨院の利益を上げる数値管理【整骨院ビジネスチャンネル】

反応が出るポスティング方法【整骨院ビジネスチャンネル】