整骨院の集客が必ず減る理由【整骨院ビジネスチャンネル】

はい!整骨院 ビジネスチャンネルの小樋将太郎です。今回はですね。

整骨院の集客が必ず減り理由 についてお伝えしていきたいと思います。なぜ整骨院の集客がこれから減るのかっていったら、今2020年の日本の人口っていうのは1億2400万人ですよね。

予測としては2045年まであと25年経てば約1億人になる計算になります。

比率的には5分の1の人たちが減りますので凄く大きな変化になってきます。

人口が伸びる国っていうのはGDP上がっていきいます。GDPが下がる国っていうのは人口が減っていきます。

まさに日本はこうなんですけれども1つお伝えしておくと、例えば5000人。

体が痛いとか腰が痛いとか膝が痛いとか頭痛がするとかっていうときに、整体院や整骨院、鍼灸院を探そうとする人の割合って5000人いたらだいたい20%の1000人なわけです。

今体が痛いとか困っている人たちが、このぐらいいたとして20%の人たちが整骨院や整体っていうのをまず頭に入れるわけです。

そして2045年2400万から2500万ぐらいの人たちが探すのに対して500万人ぐらい探す人が下がってくるっていう単純に計算するとそうなってくるんですね。

そうなれば集客が必ず減ってくるっていうのはもう目に見えているはずなんです。

もちろんですね。私の院も資本主義ですから、必ずライバルには負けないようにとか共存共栄とみなさん言いますけれども。

誰かがやっぱり繁栄していくと、どこかで繁栄していない人たちが出てくるっていう。

これが資本主義の世の中ですから私たちもですね。必ず集客っていうところには手を止めずに 毎回やってるんですけれども。

でも集客は減るという仮定をしてこれからは院内の構造っていうのを作っていかないと、もし集客が減ったときに対応しても遅くなってしまうんですね。

なのでこれからこの1ヶ月2ヶ月3ヶ月しっかり考えて1年後にはそういうかたちが出来てるよとか、だいぶその構想固まったよっていう。

先生方は仕掛ける側にちゃんと回ってって欲しいんです。

仕掛けられる側じゃなくて、仕掛ける側に回っていくようにしてってもらいたいんです。まずどういうことをやっていくかというと、例えば今現時点で月に30人集客ができていますよという院があるとします。

それが仮にですね。この年数が経っていくうえでいくら頑張っても20人ぐらいになってしまいました。

まずこの現実を受け止めていきましょう。この20人にはなったんだけれども15人はしっかりとリピートが取れてしっかり通ってくれて5人ぐらい離脱して卒業して、

プラスそこから15人から さらに5人ぐらい高額商品に移ってくれるっていう流れを作っていけるようになると、集客が減ったとしても今よりもしかしたら売上が上がる。

もしくは現状維持っていうことが、できるようになってくるんです。

今の整骨院さんて どういう流れを作っているかっていうとここが全くなくて 色んな人を集客して色んな人を何とか継続的に通ってもらいましょうみたいなビジネスモデルを作ってる人たちが多いので、集客が減るとここの層が減るので一喜一憂してしまうというか慌ててしまうっていうことが現状起こってるんです。

だから月の集客が何人かっていうところにいつも毎月ヒリヒリしてるわけですね。

今月は10人しか来なかったとか今月は30人来たねとか今月は40人来てほっとしたねとかっていうかたちで、季節要因もあるかもしれないですけれどもヒリヒリした運営をしてしまっている ということが起こっているんです。

例えばですよ。自律神経失調症だったりとか不定愁訴といわれるものですね。

頭痛とか顎関節症とかめまいとか立ちくらみとか耳鳴りとか、そういう自律神経失調症の人を ターゲットとした場合20人の新患さんが来ました。

15人ターゲット通り自律神経の方が来られました。でもぎっくり腰とか腰痛とかで狙った人たちじゃない人が来る可能性もありますよね。

そういう人たちは継続して通ってもらえるかって言われたら、別に通ってもらわなくても5人ぐらい離脱してもいいわけです。

ただ自律神経失調症、ターゲットにして呼んでいるのであれば自律神経失調症の人が来たら、必ず継続して通って頂けるようにするっていうところがちゃんとできるかどうかっていうのも ポイントになってきます。

そして自律神経失調症のなかでも5人ぐらいが自律神経が乱れて不妊になってしまっているよとか。

自律神経が乱れて円形脱毛だったりとかっていう人たちが30万円から100万円ぐらいの高額商品に移ってくれるようなシステムができるとここの集客は減りました。

でもここではそこまで利益が凄い出るわけじゃないけれども。

ここでしっかりと利益が残りますっていうシステムができるかどうかっていうのが今後のポイント カギになってくるんですね。

先生方がまず1つ目おこなっていくとしたら、どういう人たちを呼んでいきたいのかっていうところももちろんあると思うんですけれども。

どんなものを取り入れて いきたいのかっていうところを考えながらどういう人を集客していけばここまで辿り着く人たちが呼べるのか高額商品が不妊なのに集客を男性をいっぱい呼びますとかちょっとおかしな話になってきますよね。

不妊だとしたら不妊で悩んでいる人ってどんな人なのかといったら子供ができにくいですっていう。

女性の方だったりとか30代40代ぐらいの方だったりとかっていうのがけっこう悩まれている方が多いですよね。

だとしたら集客としては30代40代の人たちを呼んで、治療を交えながら不妊を解決する商品を 用意してあげるっていうところが凄く大事になってきますし男性の発毛を高額商品に置いているにも関わらず集客は女性がメインだとかだったら上手くいきませんので、

そうなったらもともと男性の自律神経だったりとか男性の肩こり腰痛だったりとかっていう人たちをしっかりと治療しながら発毛の方をお勧めするだったりとか。

こういう流れをちゃんと意識しながら集客をできているかっていうところが問題なんです。

いくら数多く集めたとしてもそういうことを考えずに集客をしている人と数は少ないけれども こういうことをしっかりと考えて集客している院とではこれから大きな差が生まれてきます。

前者しっかりと集客はできてるんだけど、こういうことを考えずにやってる院ていうのは伸びしろが正直ないですしいずれ集客減るわけですから、売上も下がっていくのは目に見えてるんです。

後者しっかりと考えて人数はそこまで多くはないんだけど、こういうところはしっかり考えてるんです。

だから月に10人だろうが15人だろうが、あんまりうちは売上 変わんないんですよっていわれてるところはこれからもっと伸びていきます。

必ずこれは直面する問題になります。

あなたがしっかりと受け入れて、そしてそれを解決していくための問題となってきますのでぜひ人口が少なくなってからこれを考えないでください。

今まだ人口がいると1億2400万人いるっていうときにこういう施策を考えてこういう準備をしておくってことがとても大切になってきますのでこれが仕掛ける側と仕掛けられる側の二極化が起こってきますのでぜひ先生ではですね。

しっかりと戦略を練って、それが経営者の仕事ですから、ここの部分ていうのを考えていきながら院を運営して頂きたいと思います。

今日は以上です。ありがとうございました。

治療院仕組み化経営【公式メルマガ】
問診動画&値上げの極意

療院経営者さん向けに集客・リピート・値上げ・スタッフ雇用・マネジメントの情報を毎日配信しています。

あなたの治療院経営を安定させ、ワンランクアップさせる無料メールマガジンです。

今ならメルマガ&LINE@登録で問診の極意【動画】と値上げの極意【PDF】を無料プレゼントいたします。

メルマガ登録はコチラ

LINE登録はコチラ

 

 

 

 

治療院仕組み化経営

 

問診の神髄

 

 

治療院仕組み化経営

LINE@にご登録ください!

LINE@登録して頂ければ、治療院仕組み化経営のセミナーに優先的にご案内を送らせてもらいます。

治療院仕組み化経営

関連記事

店舗展開の流れ③【整骨院ビジネスチャンネル】

ニュースレターのターゲット決め【整骨院ビジネスチャンネル】

自分の治療技術を売る力【整骨院ビジネスチャンネル】

スタッフが辞めない職場の作り方【整骨院ビジネスチャンネル】

失敗しない自費への切り替え【整骨院ビジネスチャンネル】

治療院の學校第6期体験会【整骨院ビジネスチャンネル】