【離脱①】患者さんとの共通認識【整骨院ビジネスチャンネル】

はい!整骨院ビジネスチャンネルの小樋将太郎です。

今回はですね。離脱シリーズの1番ですね。患者さんとの共通認識についてお伝えしていきたいと思います。

まず患者さんの共通認識って書かれても何のことやら分からないと思うんですけれども。

離脱を防ぐためには患者さんの通院目的ってのはすごく重要になってくるんですね。

治療家が陥りやすい傾向なんですけれども、痛みだけを取ることに集中してしまって、人を診ていない症状だけを診ている治療家さんて多いんですけれども。

私自身も痛みが取れれば患者さんは満足するんだってずっと言い続けてましたし、そのために技術セミナーとかも通ってましたし

ただそれだけではリピートが取れなかったりとか離脱が増えてしまったりっていう経験がやっぱり僕自身にもあるんですね。

患者さんは痛みを取りにもちろん来ているんですけれども。

何か悩みがあってとか不安があって実際に来られています。

例えばこれ以上痛みが強くなってしまったら、不安だから来たとかゴルフとかスポーツとかされている方が今実際に支障が出ているから思いっきり自分の趣味が楽しめないとか。

そういった痛みで困っていることだったりっていうのがあるんですけれども。ただここで患者さんにどのような体にしていきたいんですかって聞いたときに

いきなり最初からこの痛み治ったら何がしたいですかとか。

やりたいことは あるんですかとかっていうあまりにも遠いところの質問をしてしまうと。

初見でですね。本当に打ち解けてて紹介とかで来られた患者さんだったら、話してくれる方も いらっしゃいますし。

すごく目的が明確で院に来られているる方だったらそういうのもしっかりと話してくださるんですけれども。

いきなり治ったら何がしたいんですかっていわれても答えれない方って 結構いらっしゃるので 、とりあえずこの痛み取りたいですっていう方が多いので。

まずは少し段階を下げてあげてどのような体にしていきたいかっていうことを聞いてあげると 答えやすくなってきます。

痛みだけじゃなくてこういう体にして いきたいんですよっていうのが分かってくれば、この痛みを取ってそういう体にしていくためには。

このぐらいの通院回数このぐらいの期間そしてこういう治療をやっていくことが必要なんですよっていうかたちで。

その患者さんの望んでいることに対して応えることができるんですね。

そうすることによって押し売りっていう概念は人が求めていないことに対して商品を売ってしまうのが押し売りになってしまうんですけど。

相手が求めていることに対して商品や物を売っていくっていうのは、押し売りではなくて需要と供給がマッチしている。

ことになってきますのでそれで成立になってくるんです。

僕ら治療家っていうのは患者さんが痛みを取るってうことも前提なんですけれども。

+α望んでいることをちゃんと理解して、それに対して私たちの治療や施術商品対応はですね 。

この夢とか目標を叶えることができるんですよっていうことを伝えてあげることが、これがリピートっていう概念になってくるんです。

まずは痛みを取るっていうことももちろん大前提として、+αどのような体にしていきたいのかっていう患者さんの目標をですね。

しっかりと認識、作ってあげて。

お互いの共通認識として、そこに向かって治療を始めていくんですよっていうことができると 患者さんもですね。

納得して通院して くれやすくなりますし必ずですね。

こういった目標を作って患者さんの施術に入って いただきたいと思います。

そうすることによってですね。

離脱がぐぐっと下がってきますので、ぜひ楽しみにチャレンジしてみてください。

よろしくお願いします。

治療院仕組み化経営【公式メルマガ】
問診動画&値上げの極意

療院経営者さん向けに集客・リピート・値上げ・スタッフ雇用・マネジメントの情報を毎日配信しています。

あなたの治療院経営を安定させ、ワンランクアップさせる無料メールマガジンです。

今ならメルマガ&LINE@登録で問診の極意【動画】と値上げの極意【PDF】を無料プレゼントいたします。

メルマガ登録はコチラ

LINE登録はコチラ

 

 

 

 

治療院仕組み化経営

 

問診の神髄

 

 

治療院仕組み化経営

LINE@にご登録ください!

LINE@登録して頂ければ、治療院仕組み化経営のセミナーに優先的にご案内を送らせてもらいます。

治療院仕組み化経営

関連記事

〇〇がない柔道整復師はリピートが取れない【整骨院ビジネスチャンネル】

人間力の育て方【整骨院ビジネスチャンネル】

整骨院にどんなスタッフを雇用すべきか?【整骨院ビジネスチャンネル】

永遠に通ってもらうリピート術【整骨院ビジネスチャンネル】

反応が出るポスティング方法【整骨院ビジネスチャンネル】

スタッフが辞めない職場の作り方③【整骨院ビジネスチャンネル】