広告費はどれだけ掛ければいいの?【整骨院ビジネスチャンネル】

はい!整骨院ビジネスチャンネルの小樋将太郎です。

今回はですね、治療院の広告費はどれだけ掛ければいいのっていう話ですね。これはホームページもそうですし、PPC広告とかチラシもそうですね。

ホットペッパービューティーとかもそうですし、色々広告ってあると思うんですけれども。治療院の広告費ってどれぐらい掛ければいいのかっていうところはちゃんと数字として表せます。

先生の院が施術の平均単価が5000円だとします。そして月のですね、1人あたりのリピート回数4回だとします。

カルテ枚数が100枚あるとします。そうしたらおのずと先生の院の売上っていうのは5000円×4回×100枚なので200万円っていう数字が出てくるんですね。

この200万円っていうのが月商だと思うんですけれども200万円を月商で、このカルテ枚数100枚を割ったら2万円っていう数字が出てきます。

これが平均2万円 1人が支払ってくれているという計算になってくるんです。1人集客ができたら20000円の売上が月にあがるよということです。

治療院なので1ヶ月で終わる人って少ないですから2ヶ月3ヶ月っていうかたちで、通われると思うんですけれども、その2ヶ月3ヶ月っていうふうに通われるっていうことは20000円×2回3回ってことになってきますので離脱がおこらなければ、40000円60000円っていうふうに増えていくわけです。

リピート患者さんっていって優良顧客の方だったらずっと続いていかれると思うんですけど、それをいかに伸ばしていくかが治療院を運営していくかの勝負だと思うんですけれども。

これをまず基準にして2万円のだいたい半分以下が理想だと思ってください。

1万円で1人集客できればこの数字が出ている限り先生の院はもうプラスになるわけです。

利益が1万円かって言われたら家賃もありますし、光熱費もありますし人件費もありますしリース代固定費もあると思いますのでその1万円からより少なくですね。

5000円とか3000円とかにできたら1番理想だと思うんです。

そうするためにはまずホームページをしっかり強くしましょうとか、もっと精度の高い内容にしていきましょうっていう。

別の作業が必要なんですけれどもまずはホームページだったら10万円掛けたら10人集客できると20万円掛けたら20人集客できるっていうかたちに持っていくっていうのが、ベストだと思います。

広告費っていうのはちゃんとこういう数字を出して、計算して広告費を出さなければただのどんぶり勘定になってしまいますし、それではやっぱり赤字になりやすかったりとか。

院が上手く運営できなかったりしますので、この数字をちゃんと先生の院でも今平均単価いくらなのか 1人あたりの患者さんどのぐらいリピートしてくれているのか、何枚ぐらいカルテがあるのか。

そして、その売上に対してそのカルテ枚数から1人2万円っていう数字が出たらその半分以下が理想ですともっと理想を言えば、その半分以下5000円が理想ですとかうちの院ではですね。

よく集客できてる院だったら1人あたり500円とかで、集客できてるところもありますし、凄く難しいところは3500円とか4000円とか掛かってくるんですけれども。

そのぐらいで集客できるようになってくると利益が残りやすい院になってきますので、こういうところも加味しながら、自分の院はどれぐらい広告を掛けようかなと。

どれぐらい掛けても良いのかなと最初のうちはですね。

私は利益というよりは広告に掛けた方が良いと思いますので、どんどん広告に掛けて集客をしてそこからしっかり商品力もどんどんどんどん高めていきながら、また更に集客をしてっていうとプラスの領域に入っていきますので、広告を掛けることを恐れずにですね。

治療家の先生っていうのはどうしても広告費ってなると嫌悪感とかあると思うんですけれども 、広告費っていうのはですね。

健全な事業をするうえでの経費ですので、この数字をもとに 出してみて頂ければなと思います よろしくお願いします。

治療院仕組み化経営【公式メルマガ】
問診動画&値上げの極意

療院経営者さん向けに集客・リピート・値上げ・スタッフ雇用・マネジメントの情報を毎日配信しています。

あなたの治療院経営を安定させ、ワンランクアップさせる無料メールマガジンです。

今ならメルマガ&LINE@登録で問診の極意【動画】と値上げの極意【PDF】を無料プレゼントいたします。

メルマガ登録はコチラ

LINE登録はコチラ

 

 

 

 

治療院仕組み化経営

 

問診の神髄

 

 

治療院仕組み化経営

LINE@にご登録ください!

LINE@登録して頂ければ、治療院仕組み化経営のセミナーに優先的にご案内を送らせてもらいます。

治療院仕組み化経営

関連記事

反応が出るポスティング方法【整骨院ビジネスチャンネル】

主体変容 自立したスタッフを育てる考え方【整骨院ビジネスチャンネル】

メンタルが強くなる方法 整骨院経営者必見【整骨院ビジネスチャンネル】

間違いだらけの立地戦略【整骨院ビジネスチャンネル】

1人整骨院がスタッフを雇用するタイミング③【整骨院ビジネスチャンネル】

この動画を見ずに独立開業をしないで下さい【整骨院ビジネスチャンネル】