開業当初の価格設定【整骨院ビジネスチャンネル】

はい!整骨院ビジネスチャンネルの小樋将太郎です。

今回はですね。開業当初の価格設定っていうところですね。

お伝えしていきたいと思います。たぶん最初悩まれると思いますしどんな価格でしていいのかってちょっとわからないですよね。

今回はその悩みをですね。解決していきたいと思います。

まず1分150円を割らないようにっていうところを意識してみてください。

自分が大手に努めてて、保険プラス自費でやってて電気でとか治療10分でとかっていうかたちで回転を意識しないといけない治療院でもし働かれてたとしても。

そもそも自費でやってたとしても、この金額を割らないようにっていうところを意識してください。

患者さんが入られてきてから帰られるまでが、例えば30分だとしてます。

5000円以上っていうのが理想になってきます。ここけっこう肝心なんですけれども。

1人治療院でされてて、患者さんが来られて帰られるまで治療は30分なんだけど、帰られるときの手続きだったりとか予約の受付だったりとかで10分15分掛かりましたってなったとしたら。

それ45分なわけですね。それも分単価として入れないといけないです。

受付さんがいてすべてそこを任せれるだったら別なんですけれども。

もし1人でされる場合はそれも分単価にちゃんと入れてください。

患者さんと先生が接している時間っていうことです。30分5000円て書きましたけれども。

これはですね患者さんと先生が会話しているだったりとか、対面している状態のときの分単価だと思ってくださいね。

施術の時間じゃないです。この状態で稼働率っていうのは先生が1日8時間働いて8時間マックス患者さんについてましたってなら100%になります。

その7割だった場合この30分5000円で毎日治療ができたら1日約56000円ぐらいの売上がたちます。

それを23日稼働した場合1288000円ぐらいの月の売上になってくるんですね。

1人あたりですね。患者さんがリピートしてくれて、1ヶ月で15000円ぐらい。先生の院にトータルお金を払ってくれたとします。

80枚~90枚ぐらいのカルテ枚数総患者数で、このぐらいの金額がいくような計算になってくるんですけれどもこれをですね。

開業して3ヶ月~4ヶ月目ぐらいまでにこれが回数券だけじゃなくて普通に支払いをしてくれる金額が3ヶ月から4ヶ月ぐらいで達成できたらこれはですね。

最初としてはすごくスムーズなんじゃないかなと思います。

ここをまずは目指してほしいんですね。分単価150円は絶対に割らないように先生が患者さんと対面しているまでが全部の分単価ですよってことです。

稼働率7割で56000円23日稼働で1288000円ていうところまでいったらまずは最低ラインの合格ラインなので、ここを目指して頂きたいなと思います。

是非この価格意識しながら開業して頂きたいと思います。

よろしくお願いします。

治療院仕組み化経営【公式メルマガ】
問診動画&値上げの極意

療院経営者さん向けに集客・リピート・値上げ・スタッフ雇用・マネジメントの情報を毎日配信しています。

あなたの治療院経営を安定させ、ワンランクアップさせる無料メールマガジンです。

今ならメルマガ&LINE@登録で問診の極意【動画】と値上げの極意【PDF】を無料プレゼントいたします。

メルマガ登録はコチラ

LINE登録はコチラ

 

 

 

 

治療院仕組み化経営

 

問診の神髄

 

 

治療院仕組み化経営

LINE@にご登録ください!

LINE@登録して頂ければ、治療院仕組み化経営のセミナーに優先的にご案内を送らせてもらいます。

治療院仕組み化経営

関連記事

3分で値上げをする方法【整骨院ビジネスチャンネル】

集客できない整骨院の3つの特徴【整骨院ビジネスチャンネル】

リピートの取れない柔道整復師の口癖【整骨院ビジネスチャンネル】

1人整骨院からスタッフを雇用するタイミング

顧客生涯価値(LTV)【整骨院ビジネスチャンネル】

クライアントさんに怒られる?塾の内容を公開してみた!【整骨院ビジネスチャンネル】