“初公開” 治療院ニュースレターの結果の出る効果的な渡し方【治療院仕組み化経営】

治療院仕組み化経営

こんにちは!『院長が現場を離れる仕組み作りの専門家』 小樋将太郎です。

前回、ニュースレターを患者さんにお渡ししていく3つのメリットについてお伝えしていきました。

その最後の文章で、当院で使っているニュースレターを12ヶ月分無料でプレゼントしていますので、あなたの院でニュースレターを作成する際は 参考にして頂ければと思います。

ニュースレターをダウンロード

さて、今回はニュースレターの効果的な渡し方についてお伝えしていきます。

せっかく作成したニュースレターも棚の奥にしまっていては全く意味がありません。

患者さんの手にとって頂き 内容を見てもらい、『私の為になる情報だな』と思って頂くことがとても重要になってきます。

そうなってくると、ただ先生や受付さんが治療院のニュースレターの用紙を持って 『〇〇さん、11月号のニュースレターです。』と言いながら渡したとしても、患者さんは真剣に読んでくれることは滅多にありません。

患者さんの心を揺さぶる魔法の言葉

治療院仕組み化経営

では、どのようにして患者さんにニュースレターを渡せば効果的にニュースレターを活用できるのか。

当院では とても簡単なことですが、ある言葉を添えて治療院のニュースレターを渡しています。

『〇〇さんの為に作ったニュースレターです。』

『〇〇さんにとても関係する内容が書いてあります。』

この2つの言葉を使います。

人は自分の関係のあるものに興味を持ちます。逆を言うならば、自分とは関係のないものに興味は持ちません。

  • 『〇〇さんの為に』
  • 『〇〇さんに関係する』
  • 『〇〇さんにとって興味のあるニュースレターになっています』
  • 『〇〇さんが以前、言われていた情報を元に作られたニュースレターです』
  • 『〇〇さんの体が健康になる為の情報が詰まったニュースレターです』

このように、あなたの為に作られたニュースレターなんですよ。

と意識付けてもらうことで、患者さんはニュースレター読んでみようと思って頂けますし、興味を持って治療院のニュースレターを読んでもらえるようになってきます。

だからこそ患者さんの目を引くようなデザインでなければいけませんし色や字体も読んで頂く患者さん好みの色や字体を使いながら 構成を考えていかなければなりません。

  1. 興味を持ってもらうこと
  2. 内容を読んでもらうこと
  3. 為になったと思ってもらうこと
  4. 次回のニュースレターが楽しみになってくる
  5. 院でニュースレターの話題が上がる
  6. 院へのファン化や信頼が重なっていく

このようにニュースレターだけでも治療院にとってかなりの効果が望めてくるのです。

ただの紙ですが、されど紙です。

それは、あなたの使い方によって 0になるか100になるかが変わってくるのです。

休眠患者さんに帰って来てくるニュースレターとは?

治療院仕組み化経営

今回は、さらに治療院ニュースレターの効果的な渡し方にちなんで、休眠患者さんに帰ってきて頂くニュースレターの使い方もお伝えしていきます。

当院では今まで来られていた優良な患者さんに対して、毎月当院で発行しているニュースレターを郵送で送っています。

当院のことを忘れてもらわないようにすることも一つですし、患者さんの周りで紹介したい人がいれば、すぐに当院が頭に浮かぶようにしておくこともできます。

実際の渡し方としては、普段は毎月ニュースレターだけを送付するのですが、紹介をもらいたい時などは、紹介冊子やお手紙などをニュースレターと添えて送付したりします。

その患者さん自身に、また来院してもらいたい時などは、お身体メンテナンスレターなどを添えても構いません。

もともと優良の患者さんでしたので、その方の紹介で来られる患者さんは優良な方が多いですし、その方自身が帰ってこられてもスタッフ一同、全力でその方をサポートしたいと思えます。

ここで注意して頂きたいのが、誰でもかれでも治療院のニュースレターを送りつけるのではなく優良だった患者さんをしっかりと選出して送って頂きたいのです。

そうしなければ1回で来られなくなった患者さんや 優良の患者さんではなかった方に送っても 帰ってきて下さる患者さんは少ないです。

たとえ再診で帰って来られたとしても、またすぐに離脱するような傾向にありますので、スタッフさんの指揮も上がりません。

ニュースレターはビジネスチャンスを広げる!

治療院仕組み化経営

このように治療院のニュースレターは用途に応じて色々な使い方をすることができます。

  • 時には患者さんの健康に繋がり
  • 時には患者さんのファン化に繋がり
  • 時には再診患者さんや紹介患者さん増やす

ことにも繋がります。

以前にもお話ししましたが、当院のニュースレターを使っている先生が近くのスポーツジムに毎月ニュースレターを送って関係性を築き、

JV(ジョイントベンチャー)し患者さんやお客さんを紹介し合うようにもなっていますので集客にも繋がります。

実際に当院では鍼灸の往診のケアマネージャーさんへの挨拶回りにも、治療院のニュースレターを毎回渡していますし、 近くのスポーツジムへの挨拶まわりでも治療院のニュースレターを持参します。

名刺だけは、私たちがどのような想いで治療院を経営しているのか理解されにくいですが、治療院のニュースレターを持っていくことで、私たちの患者さんへの想いが伝わります。

ぜひ、あなたの院でも治療院のニュースレターを作成し、自院で役立ててもらいたいと思います。

女性栄養士が作るニュースレターを12ヶ月分プレゼント

当院では、女性の栄養士の先生が毎月ニュースレターを作り、健康の観点から記事を書き、院で患者さんが求めている情報を拾い上げニュースレターを作成しています。

ニュースレターをしっかり読んでくれる患者さんは、女性の方が圧倒的に多いのは確かです。

ですから女性の方が見やすい文字、女性の方が好むデザインで仕上げています。

実際作成時間を計測してみると、23時間もニュースレターの作成に使っていることがわかりました。

しかし、それだけ時間を掛けてでも作る価値は十分にあるのです。

当院では、患者さんとの関係構築・ファン化のための必要なツールとしてニュースレターを採用しています。

この記事を、最後まで読んで下さった方に、私の院で使っているニュースレターを過去12ヶ月分(1年間分)無料サンプルをプレゼントすることにしました。

忙しい経営者のあなたが、実際に1から作り上げていくことはとても難しいことです。

しかし、私の院のニュースレターを参考にして頂けたら、必ずあなたの労力が減るはずです。

できれば3ヶ月後、4ヶ月後に導入してみた方のコメントが頂けるととても嬉しいです。

そのコメントを元にさらにバージョンアップしたニュースレターを当院で作ることができます。

サンプルが1枚だけでしたら一回真似してしまったら終わりですが、12枚あれば1年間は真似して作ることができますので、今回は12ヶ月分プレゼントすることにしました。

下記のフォームから必要事項をご記入の上、返信用メールが届きますのでそちらから12ヶ月分のニュースレターをダウンロードして下さい。

この12ヶ月分のニュースレターのプレゼントも私の思いつきですので、期間の保証はできませんが、なるべく有意義に使って頂けるように頑張ります。

あなたの治療院の患者さんが喜んで頂けたらとても嬉しく思います。

ニュースレターをダウンロード

※万が一、ご登録後にダウンロードできない場合はお問い合わせください。

治療院仕組み化経営【公式メルマガ】
問診動画&値上げの極意

療院経営者さん向けに集客・リピート・値上げ・スタッフ雇用・マネジメントの情報を毎日配信しています。

あなたの治療院経営を安定させ、ワンランクアップさせる無料メールマガジンです。

今ならメルマガ&LINE@登録で問診の極意【動画】と値上げの極意【PDF】を無料プレゼントいたします。

メルマガ登録はコチラ

LINE登録はコチラ

 

 

 

 

治療院仕組み化経営

 

問診の神髄

 

 

治療院仕組み化経営

LINE@にご登録ください!

LINE@登録して頂ければ、治療院仕組み化経営のセミナーに優先的にご案内を送らせてもらいます。

治療院仕組み化経営

関連記事

治療院ニュースレターの効果的な使い方

ファン患者が増える【効果的】な接触頻度

治療院仕組み化経営

治療院ニュースレターが経営に必要な理由【治療院仕組み化経営】

治療院にニュースレターを導入する3つのメリット【治療院仕組み化経営】