リピート率を上げる4つのステップ【治療院仕組み化経営】

治療院仕組み化経営

こんにちは、『院長が現場を離れる仕組み作りの専門家』小樋将太郎です。

今回はリピートについて4つのステップに分けてお伝えしていきたいと思います。

リピートする患者さんを集客してますか?

治療院仕組み化経営

患者さんにリピートして頂くことは、とても簡単であなたから患者さんが、また治療を受けたいと思ってもらえれば次回のリピートに繋がります。

凄く当たり前のことですよね?

しかし、この当たり前のことができていない院が多い為にリピート問題で悩まれている院が多いと思います。

これから私が1つ1つ丁寧にリピート(問診)の極意をお伝えしていきます。この極意を実践して頂ければ、必ずあなたの院のリピート率は大幅に改善します。

このリピートの極意を実践して全くリピート率が上がらないのであれば、あなたの院はリピートではなく、集客の時点でリピートされない患者さんを呼んでいることになります。

では、早速お伝えしていきます。まずリピートにおいて最も大事になってくるのが、あなたの治療を受けなければ、今後患者さんはどのようになっていくのか?

このマイナスな未来をしっかりと想像していただきます。

例えば『この症状を放っておくと将来どのような状態になると思いますか?』この質問は必ずして下さい。

症状が重たい患者さんは必ずしっかりと答えてくれます。今後の治療意欲にも繋がります。

このマイナスなイメージを明確にしていくことで人は、そのようなりたくないと思いますので治さなければいけないと強く思うようになります。

人はマイナスなイメージから逃避するようにできています。まずはしっかりと、これ以上悪くなったイメージを明確に持って頂きリピートに繋げて頂きたいと思います。

しかし、人はマイナスなイメージだけでは動きません。しっかりと明るいイメージを持って頂くことがとても大事になってきます。

治療が目的になると離脱がおこる

治療院仕組み化経営

まず、患者さんにはこれ以上悪くなった時のイメージを鮮明にして頂くことでこれ以上、悪くなりたくないという思いが強くなり、治療を受けないといけないと患者さん自身が思うようになります。

とお伝えしました。

しかし、これだけではマイナスのイメージで患者さんは終わってしまいますので、しっかりと明るい未来もイメージしてもらわなければなりません。

  • この症状が良くなったどんなことがしたいのか?
  • この症状が改善したらどのような生活が送れると思うか?

このイメージをしっかりと頭に植え付けて頂くことで、患者さんは治療に意欲的に取り組めます。

このプラスのイメージを持たないままマイナスのイメージだけで治療を進めていくと、患者さん自身のやりたいことができるようになることが目的ではなく、治療が目的となってしまいますので離脱の大きな原因となります。

ぜひ、『この症状が良くなったら何がしたいか?この症状が改善したらどんな生活が送れるのか?』

この言葉をしっかりと患者さんに伝えて、患者さん自身に考えて頂きたいと思います。あなたの院の患者さんが楽しくあなたの院に通う一番の方法です。

良くならない治療に患者さんは投資しません

治療院仕組み化経営

私がお伝えしている、問診の極意の中で最も重要で当たり前のことを言います。

これを言い切れる院はリピートが物凄く強いです。もともと患者さんは今の痛みや不安を取り消すために治療院にわざわざ来院します。

そんな時に先生が問診ではっきりと良くなることを提示しなければ、患者さんは不安で通うことはできません。

『〇〇さんの状態でしたら私の院の治療をこのぐらいの期間で何回受ければ良くなりますよ。』とこのぐらいはっきりと提示しなければ患者さんは安心できません。

良くなるか、良くならないか、分からないものに患者さんも投資はしません。もちろん治療は患者さんの協力が必要不可欠です。

あくまでも、私たちは、患者さんの治癒能力を高める為に全力のサポートをしますが、最終的に患者さんの力がとても大事になってきます。

その為には、はっきりと自信を持って提示し、患者さんの協力を仰ぐ必要があります。決して、難病が治ると言う必要はありません。

しかし、はっきりと期間、回数を提示して良くなる未来を想像してもらわなければ、患者さんは、あなたの院に通うことはありません。

金額が高ければなおさらです。

ぜひ、勇気を持ってはっきりと患者さんに提示してあげて下さい。そして、本気で患者さんと向き合って頂きたいと思います。

あなたの院に何を求めて患者さんは来院されていますか?

治療院仕組み化経営

ここでは、問診のことで聞きたいことがあります。しっかりと考えてみて下さい。無理だよと思わずに考えてみて下さい。

あなたは患者さんにどうしてもここで治療を受けたいと思わせていますか?

この答えがYESなら、あなたのリピート率は物凄く高いはずです。しかし、この答えがNOであればあなたのリピート率は低いままでしょう。

前の項目でお伝えした『はっきりと伝える』ことについては読まれたでしょうか?

  • あなたの院に来られる患者さんはあなたの院に何を求めて来院されていますか?
  • その求めていることに対してあなたはしっかりと答えてあげれていますか?

患者さんは何かを得たくて来院しているのに、その得たいものが得られないことが分かれば、患者さんはあなたの院へ、二度と足を運ぶことはありません。

スーパーに石鹸を買いに行った時石鹸が、そのスーパーで扱われていなければ、もう二度とそのスーパーに石鹸を買いに行くことはありません。

こんな単純なことが治療院の日常で起こっています。

あなたの院に来られる患者さんは、

  • あなたの院に何を求めているのか?
  • あなたははっきりとできることを患者さんに提示できているか?
  • 言葉を濁していないか?
  • 曖昧な表現で逃げていないか?

リピートに高い先生は、ここではっきりと言う強さを持っています。

これは訓練です。日常生活のどんな場面でもはっきりと言う勇気を持って言葉を発してみて下さい。それだけでも、あなたの治療院のリピート率は格段に上がります。

やってみて、疑問や質問が出てきましたらお問い合わせからご連絡ください。全てに必ずとはいかないこともありますが、メルマガや、動画配信の内容に盛り込むなどして、なるべくお応えしていきたいと思っています。

この記事を読んだ方はコチラの記事も読んでいます!

治療院仕組み化経営
こんにちは、『院長が現場を離れる仕組み作りの専門家』小樋将太郎です。 今回はスタッフが自ら集客ができるようになるステップをお伝えします。 私...
治療院仕組み化経営【公式メルマガ】
問診動画&値上げの極意

療院経営者さん向けに集客・リピート・値上げ・スタッフ雇用・マネジメントの情報を毎日配信しています。

あなたの治療院経営を安定させ、ワンランクアップさせる無料メールマガジンです。

今ならメルマガ&LINE@登録で問診の極意【動画】と値上げの極意【PDF】を無料プレゼントいたします。

メルマガ登録はコチラ

LINE登録はコチラ

 

 

 

 

治療院仕組み化経営

 

問診の神髄

 

 

治療院仕組み化経営

LINE@にご登録ください!

LINE@登録して頂ければ、治療院仕組み化経営のセミナーに優先的にご案内を送らせてもらいます。

治療院仕組み化経営

関連記事

信頼を作る患者さんとの共有スペース

治療院仕組み化経営

患者さんのリピート率が格段にUPする問診の極意を公開【治療院仕組み化経営】

信頼関係を強固にする『患者さんの表情』

治療院仕組み化経営

スタッフのリピート率が上がらない治療院の共通点を徹底解説【治療院仕組み化経営】

患者さんが指示通り来院してくれない先生へ

治療院仕組み化経営

リピートしてもメンテナンスに移行できないのはなぜ?